ヒューマンサポートトップへお問合わせフォームへ
行政書士法人トップへ

鹿児島の行政書士法人ヒューマンサポートです。お客様の信頼にお応えできますよう今後とも努力して参ります。

行政トップ > 相続・遺言 > 財産(遺産)分割とは

財産(遺産)分割とは

相続が開始した時点では、相続財産は各相続人の持分に応じた「共有」状態におかれています。即ち、このままでは個々の相続財産を自由に処分できませんので、「財産(遺産)分割」を行い、財産を各相続人に帰属させる必要があります。遺産分割には以下の3通りがあります。

指定分割

被相続人が遺言において各財産の帰属先を指定している場合を指します(例:配偶者には土地、長男に預金、長女に株式を相続させる、という指定など)。

協議分割

相続人全員の協議で分割するものです。協議は全員の意思の合致で成立します(多数決などではありません)。この結果、「遺産分割協議書」を作成します。

審判分割

指定がなく、かつ協議分割によっても不調の場合には家庭裁判所の審判によります。

鹿児島医療福祉専門学校 リハプラザふれんどみなみ ヴィラ霧島 さくら郷 ヒューマンパワー